【意外と簡単!】 AZ-GTi ファームウエアの更新方法を解説

AZ-GTi ファームウェア更新AZ-GTi

ファームウェアとは?

AZ-GTi は本体内部に電子回路が内蔵されており、Wi-Fiでスマートフォンと通信するプログラムや軸を制御するプログラムが動作しています。このプログラムのことをファームウェアと呼びます。

スマートフォンのアプリなどと違って更新頻度は非常に少ない事から「ファーム(Firm=硬い・堅固な)ウェア」と呼ばれます。

ファームウェアはつまるところソフトウェアですので、書き換えが可能であり製品購入後でも更新することで新しい機能を AZ-GTi が使用できるようになります。

なぜ更新するのか?

製品出荷時点で製品は完成しているわけですから、なぜ態々ユーザーが更新する必要があるのでしょうか?それは以下のようなメリットがあるからです。

最新ファームウェアを使える

ファームウェアはソフトウェアである以上、何らかの不具合は大なり小なり存在します。世の中で多くのAZ-GTiが稼働する事で発見される不具合や、ニーズに対応するために新しいファームウェアがリリースされています。

例えば、直近のファームウェア更新履歴は以下のようになっています。

バージョン変更内容
3.36高速旋回後の振幅を修正
3.34新MCUに対応
3.33よりスムーズな追尾ができるようになった
3.32最大旋回速度を自動調整するようになった
3.31Freedom Find の精度を向上
iOSデバイスのLuminosアプリで衛星を追跡する際の旋回をより滑らかに
3.30新しいマウントを対応
ドブソニアンGOTOマウントのバグを修正
新しいMCUを対応
3.26補助エンコーダの不具合修正
AZ-GTi ファームウェア(経緯台モード)の直近の更新履歴

このように、より安定した追尾や新機能の獲得がファームウェア更新によって得られる可能性があります。

鏡筒を右持ちにする

通常 AZ-GTi は鏡筒を左側に設置するのですが、ファームウェアの 「AZGTi Mount, Right Arm, AZ/EQ Dual Mode」(後述)をインストールすることで、鏡筒を右側に設置した経緯台として使用できるようになります。

@milletoran さんに教えていただきました。ありがとうございます!

AZ-GTi の赤道儀化

メーカーからの保証はないものの、赤道儀として使えるようにするファームウェアもメーカーから配布されています。このファームウェアをAZ-GTiに適用することによって、お手持ちのAZ-GTiを用途に応じて経緯台と赤道儀として使い分けることが出来ます。

今回の記事では赤道儀化ファームウェアについては扱いませんが、ご要望があれば後日改めて記事にしたいと思います。

ファームウェア更新の危険性

ファームウェア更新はメリットだらけのように思えるわけですが、注意しなければいけないことがあります。

ファームウェア更新に失敗すると、AZ-GTiが故障します!

例えばWi-Fi経由でファームウェアを更新中にWi-Fiが切断してしまったら、中途半端なファームウェアがAZ-GTiに適用されてしまいます。その結果AZ-GTiがスマートフォンから接続できなくなる等の問題が発生してしまいます。

ですので、ファームウェアの更新は故障リスクを理解した上で慎重に行う必要があります。

有線接続

ファームウェア更新を有線で行うことで、無線という不安定要因を排除するアプローチもあります。以下のアクセサリを使用することでパソコンとUSB接続することができます。

SynScan USBアダプター|Sky-Watcher
Sky-Watcher「SynScan USBアダプター」の製品情報ページ。マウントにUSBポートを増設する為の、BタイプポートUSB変換アダプターの価格や詳細をご紹介致します。

販売ページも載せておきます。

このUSBアダプタを使う場合は、USB Type Bケーブルも別途必要となります。

ケーブルの品薄状況を受けて、pirosapさんがご厚意で販売されています。ケーブル用のドライバを別途インストールする必要があります。

ファームウェアローダーの準備

それでは、具体的にどうやってファームウェアを更新するのかを見て行きましょう。

ファームウェアローダーとは、AZ-GTiにファームウェアをインストールするために使用するソフトウェアです。ファームウェアとは別のソフトウェアですので注意してください。

パソコン上でファームウェアローダーを起動し、AZ-GTiと接続した上でファームウェアをファームウェアローダーからAZ-GTiに書き込む流れとなります。

無線(Wi-Fi)用ファームウェアローダー

有線でファームウェアを更新される方は本項を飛ばしてください。

ファームウェア更新をパソコンからWi-Fi経由で行う場合は、こちらのWi-Fi用ファームウェアローダーを用意します。

Sky-Watcherのダウンロードページへアクセスし、「Windows program: Motor Controller Firmware Loader – WiFi Version 1.76」をダウンロードしてください。

Sky-Watcher | Sky-Watcher Global Website
Sky-Watcher - The worlds largest telescope manufacturer
Sky-Watcher Firmware Download ページ上の Loader - WiFi
Sky-Watcher Firmware Download ページ上の Loader – WiFi

ダウンロードした「mcfirmwareloader_wifi_version_176.zip」を解凍してください。

Wi-Fi 用ファームウェアローダーのzip
Wi-Fi 用ファームウェアローダーのzip

解凍すると、Wi-Fi用ファームウェアローダーの実行ファイルが展開されます。

Wi-Fi 用ファームウェアローダー
Wi-Fi 用ファームウェアローダー

有線でのファームウェア更新

Wi-Fiで更新される方は本項は飛ばしてください。

先ほど紹介した Sky-Watcher USB アダプターをパソコンとAZ-GTiに接続することで、Wi-Fiを使用せずに有線でファームウェア更新ができます。

Sky-Watcherのダウンロードページへアクセスし、「Windows program: Motor Controller Firmware Loader, Version 1.76」をダウンロードしてください。

Sky-Watcher | Sky-Watcher Global Website
Sky-Watcher - The worlds largest telescope manufacturer
Sky-Watcher ファームウェアダウンロードページ
Sky-Watcher ファームウェアダウンロードページ

ダウンロードした「mcfirmwareloader_176.zip」を解凍してください。

有線接続用のファームウェアローダーのzip
有線接続用のファームウェアローダーのzip

解凍すると、有線接続用ファームウェアローダーの実行ファイルが展開されます。

有線接続用のファームウェアローダー
有線接続用のファームウェアローダー

ファームウェアのダウンロード

AZ-GTi のファームウェアは2種類存在します。

  • Firmware: Universal DC Motor Driver with Built-in Wi-Fi, Version 3.36
    製品出荷時にインストールされているファームウェアはこちらです。経緯台モード専用です。
  • Firmware: AZGTi Mount, Right Arm, AZ/EQ Dual Mode, Version 3.37
    赤道儀モードを使用したい場合にインストールするファームウェアです。AZ-GTiに接続する際に経緯台か赤道儀かを都度選択することができるようになります。
    また、赤道儀モードに限らず経緯台モードでも鏡筒をAZ-GTiの右側に設置することになります。

今回は経緯台モード専用ファームウェアのダウンロードをします。

Sky-Watcherのファームウェアダウロードページから「Firmware: Universal DC Motor Driver with Built-in Wi-Fi, Version 3.36」をダウンロードします。

Sky-Watcher | Sky-Watcher Global Website
Sky-Watcher - The worlds largest telescope manufacturer
ファームウェアダウンロードページ
ファームウェアダウンロードページ

ダウンロードした zipファイルを解凍します。

経緯台モード専用 ファームウェアのzip
経緯台モード専用 ファームウェアのzip

解凍すると、 MC014_1_Standard_V0336.mcf と Release Note が展開されます。

経緯台モード専用 ファームウェア
経緯台モード専用 ファームウェア

AZ-GTi とパソコンの接続

必要なファイルの準備はできました。AZ-GTiと接続してファームウェアの更新ができるようにしましょう。

Wi-Fi 接続の場合

AZ-GTi の電源を入れてください。この時、電池の残量が十分に残っていることを確認してください。不安がある場合は新しい乾電池に交換しましょう。

AZ-GTiの電源をオンした状態で、パソコンのWi-Fiアイコンをクリックします。

Wi-Fiアイコン
Wi-Fiアイコン

AZ-GTi の Wi-Fi を選んでクリックします。

AZ-GTi の Wi-Fi を選んでいる様子
AZ-GTi の Wi-Fi を選んでいる様子

「接続」ボタンをクリックして接続します。

Wi-Fi に接続する

これで接続ができました。
AZ-GTi の Wi-Fi はインターネットに接続されていないので注意してください。

有線接続の場合

USB アダプター と USB Type B を AZ-GTi とパソコンに接続します。

AZ-GTi を有線接続接続した様子
AZ-GTi を有線接続接続した様子

AZ-GTi の電源を入れてください。この時、電池の残量が十分に残っていることを確認してください。不安がある場合は新しい乾電池に交換しましょう。

ファームウェアの更新

Wi-Fi接続の場合は「MCFirmwareLoader_WiFi」、有線接続の場合は「MCFirmwareLoader」を起動します。

Wi-Fi 用ファームウェアローダー
Wi-Fi 用ファームウェアローダー
有線接続用のファームウェアローダー
有線接続用のファームウェアローダー

起動するとファームウェアローダー画面が表示されますので、まずは正常に通信ができるか確かめてみましょう。「MC Version」ボタンをクリックします。

ファームウェアローダー画面
ファームウェアローダー画面

正常に接続ができている場合、現在 AZ-GTi にインストールされているファームウェアのバージョンが表示されます。

AZ-GTi にインストールされているファームウェアのバージョン
AZ-GTi にインストールされているファームウェアのバージョン

正常に接続されていることが確認できたら、ファームウェアのインストールを行いましょう。「Browse」ボタンをクリックしてください。

ファームウェアファイルの選択画面
ファームウェアファイルの選択画面

いよいよです。不安がある場合、ここでファームウェアローダーを終了すれば引き返せます。

「Update」ボタンをクリックすると、ファームウェアのインストールが始まります。

ファームウェアの更新開始
ファームウェアの更新開始

ファームウェアのインストールはしばらくかかります。途中で触らないように気をつけてください。

ファームウェアの更新処理中
ファームウェアの更新処理中

ファームウェアのインストールが完了すると、「Update Complete. Turn off power.」と表示されますので、AZ-GTi の電源を一度オフします。

ファームウェアのインストールが完了
ファームウェアのインストールが完了

AZ-GTi の電源をオフしたら、数秒数えてから再びオンします。

ファームウェアがインストールされたかを確認しましょう。

再び AZ-GTi とパソコンを接続してください。

接続後、ファームウェアローダーの「MC Version」ボタンをクリックしてください。

ファームウェアのバージョン確認

ファームウェアが正常にインストール出来ていれば、先ほどインストールしたバージョンが表示されます。

インストールしたファームウェアバージョン
インストールしたファームウェアバージョン

インストール完了です。お疲れ様でした!

最後に

ファームウェアの更新は AZ-GTi に限らずリスクを伴うものですが、手順をしっかり確認した上で行えばリスクに見合うメリットを得られます。

更新ついでにパソコンから AZ-GTi を制御してみてください。プレートソルビングやオートガイディングなどの恩恵が得られます。

【天文機器連携プラットフォーム】 ASCOM のインストール方法 for Windows10
ASCOM Platform のインストール天文機器同士を連携させてカメラ撮影やプレートソルビングを実現しましょう!今回はそのプラットフォームである ASCOM について解説し、インストールしていきます。ASCOMとは...
【AZ-GTi をパソコンから操作する】 SynScan for Windows のインストール
AZ-GTi の制御アプリ SynScan電子観望の必須アイテムとも言える激安万能架台 AZ-GTi をパソコンから制御する方法を解説します。プレートソルビングを行うためにはASCOMとの連携する必要がありますが、パソコンにSyn...

それでは、皆さま良い天文ライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました